使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

緊急の英会話

英会話を学ぶことで、潜在的に役立つことというのは、国外旅行をした際に、病気になった時などに、そのありがたさがわかるという人が非常に多く、例えば、インターネットの掲示板などには、海外で虫垂炎になってしまったが、英語でうまく説明することができたので、順調に治療を受けることができた、というような意見もある一方で、英語が全くわからなかったために、耳が痛くなったことを説明することができず、非常に苦しんでしまったという意見も、対照的にあるようで、英語ができるかできないかで、自分自身の急病の状態を説明することができなかった、という人が出てきてしまったということは、英会話の重要性を表すポイントであると考えられます。

しかし、多くの参考書や、インターネットサイトなどでは、病気についての説明を英語で行なっているところはほとんどなく、英会話で病気について説明するという授業も、ほとんど見かけることはありません。それにも、かかわらず、海外で、最もピンチな状況に陥る場合というのは、多くは、病気にかかる場合でありますから、このような事態を把握しておくことは、重要だと言えるでしょう。

体調が悪くなるということは、環境の違う、海外では非常によくあるわけですから、会話を学び始めた時点で、英会話教室の先生や、オンライン英会話の先生などに、体調が悪くなった時に、どのように自分のことを伝えれば良いのか、ということを相談しておくと、今後スムーズに物事が運ぶ可能性があるということを覚えておいていいでしょう。