使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

想定練習

より実践的な英会話を学ぶためには、どのような場面で、英語を使うことになるのかということを、あらかじめ想定した上で、勉強するということが、何よりも重要であると言えるのかもしれません。このように言うと、皆さんがパッとすぐに思いつくのは、道案内ではないでしょうか。

確かに、道案内というものは、どの国にいても、されたりしたりすることが多く、重要視している人は多いかもしれませんが、英会話の視点からすれば、このような場面状況でも、様々に表現することができ、非常に練習になる場面である、ということは間違いありません。

このようなときに、相槌のような表現も、まとめて覚えておくと、コミュニケーションが非常に円滑に行くことは、想像できるのではないでしょうか。

日本語でも、相槌を入れることで、相手が気分よく話すことができるということは、実感している人も多いでしょうし、それは、英語でも全く同じです。特に、初対面の人と初めて英語で交流をすることになる場合には、ボディランゲージや、相槌などと言った、本質とは直接関わりはない、表現が相手に与える印象を左右していると言ってしまっても、いいかもしれません。

それぐらいに、非常に重要なポイントである、ということを覚えておくと良いと考えられます。

いずれにしても、謝罪の気持ちや、感謝の気持ちを表す際には、なるべく、シンプルな言葉で伝える方が、相手に伝わりやすいし、自分自身としても、頭からすぐに発音しやすいということは、覚えておいて良いと言えるでしょうね。このような表現は、単語レベルでも複数存在しているので調べてみるといいかもしれませんね。