使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

民間団体のテスト

一般的に、英語力を測る指標として、日本で一番用いられているのは、民間団体のテストであると考えられています。この、民間団体のテストには、いくつかの種類があり、そこで高得点を取ることが、ある種の英語力のステータスのように語られることも多いですが、無理に高得点を取る必要は 、英会話をする上では全くと言っていいほど、必要とは言えない部分があると考えられます。

英会話では、中学初級程度の文法をメインに持ちながら、会話を進めることになるため、民間団体のテストで高得点を狙うために、必要な高度な文法表現や単語などは、ほとんどと言っていいほど、必要がないものが多いということを知らない人は多いかもしれません。むしろ、 英会話に特化して、勉強していくならば、このような民間団体のテストの点数を、ほとんど気にしなくてもいい場合も多いです。

それでも、民間団体のテストは、リーディング、ライティングや、リスニングや、スピーキングなどといった複雑な項目をクリアする必要があるため、勉強することで、ある程度の英会話力も十分に鍛えられると思いますが、特に、リスニング力については、このようなテストが大きな役割を果たしていることは確かかもしれませんが、あまりにもレベルが高い、会話などは必要はなく、日常会話レベルの表現を繰り返し練習する方が、効果ははるかに高いといえる部分はあるのではないでしょうか。

英会話は、コミュニケーション能力と強く結びついており、どのようにして、コミュニケーションを円滑に進めるのか、という点に、重点を置くとするならば、このような、複雑な文法や、単語や表現方法などを学ぶ前に、必要最低限の知識で、積極的にコミュニケーションをする方が、総体的な英語力は高まるということは間違いなく言えるのではないでしょうか。