使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

発音のレベル

英会話を学ぶ上で心配なことの、上位にいつも上がってくるのは、発音のレベルであると言えるでしょう。

英語は、日本語と大きく発音が異なり、日本語の中には無い母音が存在することも、その難しさを高めていると考えられますが、一方で、このような問題にとらわれすぎて、会話をするのが恥ずかしい、とか考えてしまう人もいるという事実は、日本人の間でよく知られていることであると考えられるでしょう。

当然、始めから、ネイティブスピーカーと同じように、綺麗に発音できる人はいませんから、コツコツと、少しずつ努力をしていくことが重要だということは分かってはいるものの、いざ、実際にオンライン英会話や英会話教室などで、発音をするということになると、なかなか勇気が出ないという人も、多いのではないでしょうか。実際のところ、ある程度のコツさえ掴んでしまえば、日本語の発音を少し変えるだけでも、英語の発音に十分聞こえるというコツもあるようで、 ネイティブスピーカーに近づく発音をするためには、様々な点で工夫を凝らすことで、上手に聞こえさせるということができるわけです。

しかし、日本人にとっても、安心材料となるのは、世界中で最も話者数が多いのは当然英語なのですが、その中でも、ネイティブスピーカーは割合でいうと、ノンネイティブスピーカーよりも少なく、圧倒的多数は、英語を母語としない人々が、仕事やビジネスや生活のために、使っているというケースが多いということです。

例えば、スウェーデンや、インドや、シンガポールなどでは、ビジネスのために英語が必要とされるケースが非常に多いために、ネイティブレベルまで、会話力をつけているものの、発音はそれほど上手ではないということは、世界的にも知られている部分でもあります。

シンガポールなどでは、非常に訛りが強いことから、シングリッシュなどという風に揶揄されることもあるようで、全く日本人だからという理由で発音が下手なことを諦める必要はないと考えられるでしょう。