使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

自分にあった学習計画

発音が嫌いなら無理にそこから始める必要は無いそうです。

もちろん、面接や資格試験のために英会話を勉強するならば、発音は避けて通れないと思いますが嫌いなことから先にやる必要もないということあそうです。

また、飽きっぽい人なら、一ヶ月ごとに単語に集中する期間、文法を徹底的にやる期間、発音を勉強する期間などと区切ってやるということをしてもいいそうです。

スキマ時間でもいいですし、受験生のようにずっと勉強をしてもいいです、朝だけ集中とか夜だけ集中とか、どんな方法でも構わないそうです。

ただ、早く結果を出したいという気持ちから、基礎や復習を適当に行わないことが大切だそうです。

資格試験を目指しているならば、リーディングもリスニングもスピーキングもライティングも重要になってくるかと思います。

学習プランを立てるときに資格試験を目指すというのを例に取ってみると、一ヶ月目は中学文法、二ヶ月目は単語3000語、三ヶ月目は、単語3000語、4ヶ月目は直読直解というように作っていくといいそうです。

また、試験用の音源というのも外出したときにはスマホなどで聞くようにするといいそうです。

発音をあまりやりたくないということでも、最初から聞き流すというようなことをしていると、発音の勉強をするさいの下準備になるそうです。

疲れているときには音源を流しっぱなしにして、余裕があれば意識を集中して、余裕がなければ聞き流せばいいそうです。

また余裕があるときなら一緒に発音をしてもいいかと思います。

きっちりと目標を持ってスケジュールをつくって勉強をしていくと、英検準1級などは取れるという人もいます。

TOEIC700というのも夢ではないそうなので、文法、単語と順序立ててやってみるといいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です