使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

グローバル社会で生きるには

グローバル社会での公用語というと英語です。世界の三分の一の人々が英語を話しているそうです。

英語圏以外では、母国語と英語のバイリンガルがほとんどだと思います。

そうなると英語ができたら、ほとんどの国の人達とコミュニケーションができるということになるかと思います。

日本人は英語学習を熱心にしていると思います。

でも学校の勉強だけで英会話ができるようになる人は滅多にいないと思います。

子どもの頃から英会話教室に入る場合もあれば、学校に英語圏の先生を招いて英語教育をしていたりしていると思います。

日本の社会はどんどん変化していっていると思います。

ネットの普及で言葉の壁を越えてコミュニケーションを取ることも可能になっていると思います。

けれど、せっかく知り合になっても、いちいち翻訳ソフトを使ってのことだと会話を楽しむということまでいかないと思います。

翻訳機も性能が良くなり、旅行者向けにどんどん新機種が発売されているかと思います。

ただ、Wi-Fiがないと稼働しないとか、道を尋ねたりする程度になってしまうというのも現実ではないかと思います。

やはり会話するときに機械をあいだに挟むのは盛り上がりにかけると思います。

それよりもまず、自分の考えをしっかり持つということも大切だと思います。

英会話に多少自信があっても、国際詐欺の標的にされてしまう場合もあるようです。

英語圏の人だって詐欺師はいるわけですが、言葉のニュアンスや文化がわからないとそれを見破るのも大変になるかと思います。

国によって違う文化や制度の違いを知ることも大切ですが、自分の国の言葉も大切にしなければならないと思います。

自分の考えをしっかり持つということ、そうしてお互いの理解を深めていくという状況を一人ひとりが持ちたいものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です