使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

ビジネスと英会話

日本人が、英語を話せないことの理由の一つとしては、ビジネスの行動もある、ということが指摘されています。

日本の場合、国内向けの需要に応える形で、企業を発展させることができ、市場も十分な広さがあるため、国内向けの今日だけで、会社を経営したり、ビジネスを行ったり、生活をすることができるわけです。一方で、海外の場合になってしまうと、国内の市場は規模が小さい、というケースが非常に多く、国内向けの需要に応える形でビジネスを行っていても、全く、稼ぎが得られないということが、しばしばあるわけです。

特に、東南アジア諸国などでは、全く、英語を使わずにビジネスをすることは、ほとんど不可能である、という風に言われるくらいに、英語が重要視されているという状況があるでしょう。また、そのような国々において、大きな企業に就職し、世界的な影響力を持つビジネスを担うことになるためには、とにかく、外資系の企業であったり、海外に本社を置く企業などに、就職する必要が出てくるということは、裏を返せば、必ずと言っていいほど、英語が絡んでおり、英語なしにして、このような就職活動は成功することは、まず、ありえないということがあるため、とにかく、必死に英語を勉強します。

一方で、日本の場合などでは、英語を話す必要のない仕事が多いし、大きな企業も、日本に支社を持っているというケースが非常に多いため、英語が少し話せないくらいであれば、何とかなってしまうということも非常に多いということは、よく言われることです。結果として、大きな企業に英語が話せなくても就職ができてしまうために、英語力は向上せず、より大きなビジネスに英語力を活かした理解力を生かすことができないということもよくあることであるようで、実践の機会が少ない、日本人にとっては、非常に厳しい状況が作られてしまっている、という風に言わざるを得ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です