使える英会話について考えるサイト「CHAYA~イマドキ英語茶屋~」

英語の得手不得手

なぜ、日本人が英語を得意としないのか、ということについては、新聞やテレビなどのメディアでも、様々に取り上げられており、正確なところの理由は分かっていないのが現状であるとされていますが、実際のところ、英語は多くが、ノンネイティブスピーカーによって担われているわけですから 、日本人も状況を見るならば、全く同じであるということは言えるかもしれません。

特に、隣国である韓国や、中国は、英語教育に非常に力を入れており、それが、ビジネスや仕事につながるという、強い意識があるため、国全体をあげて、教育にお金をかけているという印象があります。

日本も、当然、英語教育にお金をかけているものも、なかなか成果が上がっていないということは、国民の性質にも関係があると言ってしまってもいいかもしれません。英語を話せる人材が少ないということは、それだけで、ビジネスチャンスを逃してしまうということにもつながるため、仕事をする上では、特に、重要、であるとされている中で、日本が取り残されるような状況になってしまわないか、どうか、ということは、やや、不安を感じているわけです。

世界3位の経済大国である日本が、このまま、英語の会話力が衰退する状況が続いていてしまえば、国全体として、ビジネスチャンスを逃して行ってしまうということにも、なりかねないということを、自覚する必要があると言えるのではないでしょうか。

特に、中国のような、人工的にも多い国が台頭してくる中で、英語力を当然の手段として、人材を世界に広げているわけですから、これに対抗するためには、少しでも多くの日本人か英会話力をしっかりとつけて商業的に使えるようにしなければならないと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です